みすず書房

離婚の文化人類学

現代日本における〈親密な〉別れ方

INTIMATE DISCONNECTIONS

Divorce and the Romance of Independence in Contemporary Japan

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 424頁
定価 5,280円 (本体:4,800円)
ISBN 978-4-622-09084-7
Cコード C0036
発行日 2022年4月 1日
オンラインで購入
離婚の文化人類学

アメリカの気鋭の人類学者が21世紀初頭の日本でフィールドワーク。親族は長く文化人類学の中心課題だが、離婚を主題に据える研究はこれまでほとんどなかった。
親密に、別れる? 不安の時代、離婚は妻が切り出すものになったのだろうか?
離婚には、個人、家族、国家のレベルで、他者との親密な関係性とその理想をめぐるどのような意識が映し出されているのか。変容する家族規範、自立のロマンス、新自由主義、ジェンダー、法律、親権、別居家族、拡大家族、熟年離婚、婚活、負け犬、電車男……〈私が関心を向けたのは、人が私に何を伝えようとしたのかであり、正当なまたは理屈の通らない離婚を説明するために持ち出される詳細な叙述であり、そして自分が言いたいことをどのようにして語るのかという点だった〉〈離婚という出来事がどのようにして他の生活の側面に収まっていくのかという点に注意を傾け、多くの人と話をし、ただそれだけではなくその人たちの人生に寄り添うことにも全力を尽くした〉(序論)。
つながりと別れ、そして新たなつながり。
異文化の調査者としてのクリティカルな眼差しと、友人としての感情が豊かに交差する地点で、現代日本社会の姿を現実の複雑さのままみずみずしく描いた民族誌的成果。

目次

日本語版への序文
本書での氏名表記について

序論 不安と自由

第一部 終わりの始まり
第1章 日本的親密性のポリティカル・エコノミー
第2章 離婚しないための二つのコツ

第二部 法的解決
第3章 協議の構造
第4章 一緒の家族、ばらばらの家族

第三部 バツイチとして生きる
第5章 離婚のコスト
第6章 別れた人たちのきずな

結論 終わり、そして新しい始まり

謝辞
付 調査協力者一覧

訳者あとがき
参考文献一覧
索引

書評情報

筒井淳也
(立命館大学教授)
「矛盾する夫婦像の間の葛藤」
日本経済新聞 2022年5月28日
渡邊十絲子
(詩人)
毎日新聞 2022年6月18日

関連リンク

Japanese family law must change (Author: A. Alexy, University of Michigan)

EAST ASIA FORUM https://www.eastasiaforum.org/author/allison-alexy/