「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



パレスチナ問題<品切>

THE QUESTION OF PALESTINE

(WITH A NEW PEREFACE AND EPILOGUE)


〈私たちはパレスチナと呼ばれる土地にいた。たとえナチズムを生き抜いたヨーロッパのユダヤ人残存者を救うためであっても、ほとんど何百万もの同胞にパレスチナからの離散を余儀なくさせ、私たちの社会を雲散霧消させてしまったあの土地奪取と私たちの存在抹消とは、いったい正当化される行為だったであろうか。いかなる道徳的・政治的基準によって、私たちは自らの民族的存在や土地や人権に対する主張を捨て去るよう期待されているのだろうか。一民族全体が法律上存在しないと告げられ、それに対して軍隊が差し向けられ、その名前すら抹消するために運動が繰り広げられ、その「非存在」を証明すべく歴史が歪曲される。そんなとき、何の議論も沸き起こらない世界とは何なのだろうか〉

西洋のオリエンタリズム的・植民地主義的な視点が、いかにイスラエルの視点にすりかえられ、そこから「アラブ」に対する歪んだ表象が生み出されてきたか。問題の起源からシオニズム、バルフォア宣言、イスラエル建国、四次にわたる中東戦争、キャンプ・デーヴィッド会談をへて1990年代へ。本書は、現代世界の矛盾の象徴であるパレスチナ問題への最も信頼に足る基本文献であるとともに、サイードが渾身をこめて書き上げたもう一つの主著である。


目次


凡例
地図

第1章パレスチナ問題
1 パレスチナとパレスチナ人
2 パレスチナとリベラルな西洋
3 表象の問題
4 パレスチナ人の権利
第2章犠牲者の視点から見たシオニズム
1 シオニズムとヨーロッパ植民地主義の姿勢
2 シオニストの住民化とパレスチナ人の非住民化
第3章パレスチナ人の民族自決に向けて
1 残留者、流亡者、そして占領下の人々
2 パレスチナ人意識の発生
3 PLOの台頭
4 審議未了のパレスチナ人
第4章キャンプ・デーヴィッド以降のパレスチナ問題
1 委託された権限――修辞と権力
2 エジプト、イスラエル、合衆国――それ以外に条約が含意したもの
3 パレスチナ人および地域の現実
4 不確定な未来
1992年版への序文
訳者あとがき
訳註に利用した参考文献
アラビア語・ヘブライ語のローマ字転写と仮名表記
主要な術語・概念の訳語一覧
書誌
原注
索引


著訳者略歴

エドワード・W・サイード
Edward W. Said

1935年11月1日、イギリス委任統治下のエルサレムに生まれる。カイロのヴィクトリア・カレッジ等で教育を受けたあと合衆国に渡り、プリンストン大学卒業、ハーヴァード大学で学位を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
杉田英明
すぎた・ひであき

1956年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。比較文学比較文化・中東地域文化研究専攻。著書『日本人の中東発見』(東京大学出版会、1995)『葡萄樹の見える回廊』(岩波書店、2002)。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「パレスチナ問題」の画像:

パレスチナ問題

「パレスチナ問題」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/440頁
定価 4,950円(本体4,500円)
ISBN 4-622-07084-7 C1010
2004年2月17日発行
<ただいま品切です>