「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



若林奮 犬になった彫刻家

著者
酒井忠康

「鉄によって彫刻をつくるのではなく、彫刻によって鉄をつくる」
若林奮(わかばやし・いさむ 1936-2003)は、1950年代から鉄や銅、鉛などの金属素材を使って深い自然観にもとづく思索的な作品を制作し、内外の美術ファンを魅了しつづけた。この彫刻家を若き学芸員時代に「発見」した著者は、文学、哲学、自然科学など多岐にわたる「ことば=思索」をつうじて、無口で気難しいアーティストと心を通わせる。そして《残り元素》《振動尺》など難解な作品名をもつ彫刻に封じ込められた「鍵」を解き明かそうと、その手業のひとつひとつに懸命に心をくだいた。
美術館学芸員として最初期の展覧会を企画、若林奮の存在を日本の美術界に知らしめる一方、著者は新進の評論家として独自の若林論・彫刻論を展開、飯島耕一、加藤郁乎、吉増剛造ら詩人たちとの交流の仲立ち役を担う。1980年代にはヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表作家として海外に紹介するなど、若林奮が病にたおれるまで、終生の理解者として、その激越な制作現場に立ち会ってきた。
本書は、異才の彫刻家と同時代を伴走した著者の、30年余に及ぶ作家論・エッセイの集成である。「《ヴァリーズ》についての感想」「《緑の森の一角獣座》をめぐる断章」など書き下ろし評論数篇のほか、対談、備忘録、若林奮略年譜、作品写真を加えた。


目次


I章 出会いと別れ
雨――ある日の作家
作家との出会い
追悼・若林奮
犬の彫刻家
犬と鉄と戒名

II章 鉄の封印
犬に喰われた彫刻家の話
魯迅に駆られた断章
W氏の食卓
夢想からの脱出
妙な音

III章 彫刻都市論
彫刻都市論
彫刻家の小さな地図
『境川の氾濫』
二十五箇の再開
ある風景――仕事場を訪ねて
自然への回帰
ヴェネツィアの影

IV章 未来の尺度
魔法の感覚
個人的な感動の体験
版画展に寄せて――発想の周辺
《ヴァリーズ》についての感想
遅れてきた訪問者――実現しなかったドイツでの個展
《緑の森の一角獣座》をめぐる断章

V章 作家と語る
対談――「若林奮:1986. 10-1988. 2」展を前に

VI章 若林奮に関する「備忘録」

若林奮年譜
あとがきにかえて
初出一覧
作品一覧


著訳者略歴

酒井忠康
さかい・ただやす

1941年、北海道に生まれる。64年、慶應義塾大学文学部美学美術史科卒業。同年、神奈川県立近代美術館に勤務。92年、同館館長。2004年、世田谷美術館館長に就任し現在に至る。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

若林奮といえば、現代美術を愛好する仲間うちでは、李禹煥、加納光於らと並ぶ一線級のアイコンである。美大生や若い造形作家には今も若林ファンが多いと聞く。表現する側のみならず、現代美術を専門とする学芸員・キュレーターも「一度は若林奮展をやってみたい」と密かに企画を温めているという。 ...続きを読む »

関連リンク

この本の関連書


「若林奮 犬になった彫刻家」の画像:

若林奮 犬になった彫刻家

「若林奮 犬になった彫刻家」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/256頁
定価 5,616円(本体5,200円)
ISBN 978-4-622-07354-3 C1071
2008年2月25日発行

この本を購入する