「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



現代フロイト読本 1

監修
西園昌久
編集代表
北山修

■ジークムント・フロイト(1856-1939)が残した二百余におよぶ著作のなかから重要著作43篇を精選。論文/著作成立の背景、その後の理論・概念の発展をフロイトの個人史・精神分析史との関わりから解説し、精神分析体系のダイナミズムに迫る。
■我が国を代表する精神分析家が執筆陣。今日の臨床の見地からフロイトの理論と言葉を再検討する。
■第1巻は『ヒステリー研究』(1895)から『精神分析的研究からみた二、三の性格類型』(1916)まで。自由連想法に到達し、エディプス・コンプレックスの発見、幼児性欲の洞察を経て、精神分析学の古典的技法・理論を精力的に発表・形成してゆく道程が明らかになる。


目次


序文  西園昌久
フロイトの著作について  藤山直樹
『ヒステリー研究』を読む  福本修
『科学的心理学草稿』――忘れ去られ数奇な運命をたどった難解で異色の論文  衣笠隆幸
『夢判断』を読む  福本修
『日常生活の精神病理学』――発掘されるこころの真実  鈴木智美
『あるヒステリー患者の分析の断片』――「症例ドラ」  岩崎徹也
もしも、もっとよく眼をこらして見るならば――『性欲論三篇』を読む  乾吉佑
『機知』――冗談の精神分析  *コラム 北山修
『W・イェンゼンの小説『グラディーヴァ』にみられる妄想と夢』――空想・妄想から愛の自覚へ  大橋一惠
『ある五歳男児の恐怖症分析』――「ハンス症例」  小倉清
『強迫神経症の一症例に関する考察』――「ねずみ男の症例」  堤啓
『レオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期の一記憶』――ダ・ヴィンチの母親コンプレックス  *コラム 前田重治
『自伝的に記述されたパラノイア(妄想性痴呆)の一症例に関する精神分析学的考察』――「シュレーバー症例」  牛島定信
『精神現象の二原則に関する定式』の現代的意義  岡野憲一郎
発見とたじろぎ――「技法に関する諸論文」に聴くフロイトの肉声  藤山直樹
『トーテムとタブー』――フロイトの文化論を読む  門田一法
『ナルシシズム入門』――自我と自己の病理への道を拓く  狩野力八郎
『想起、反復、徹底操作』を読む――すべてを知り、一人で闘ったフロイト  福井敏
『本能とその運命』の運命について  相田信男
“ひとを読む”フロイトに出会う――『精神分析的研究から見た二、三の性格類型』  松木邦裕
私有化された「フロイトを読む」  北山修


著訳者略歴

西園昌久
にしぞの・まさひさ

1928年福岡県生まれ。1953年九州大学医学部卒業。九州大学医学部助教授(精神医学)、福岡大学医学部教授を経て、同大学名誉教授。心理社会的精神医学研究所を開設。前、日本精神分析協会会長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
北山修
きたやま・おさむ

1946年淡路島生まれ。1972年京都府立医科大学卒業。ロンドンのモーズレイ病院およびロンドン大学精神医学研究所にて2年研修。現在、九州大学大学院人間環境学研究院・医学研究院教授。南青山心理相談室に参加。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「現代フロイト読本 1」の画像:

現代フロイト読本 1

「現代フロイト読本 1」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
定価 3,672円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-07365-9 C1011
2008年5月9日発行

この本を購入する