「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



現代フロイト読本 2

監修
西園昌久
編集代表
北山修

■ジークムント・フロイト(1856-1939)が残した二百余におよぶ著作のなかから重要著作43篇を精選。論文/著作成立の背景、その後の理論・概念の発展をフロイトの個人史・精神分析史との関わりから解説し、精神分析体系のダイナミズムに迫る。
■我が国を代表する精神分析家が執筆陣。今日の臨床の見地からフロイトの理論と言葉を再検討する。
■第2巻は『精神分析入門』(1916-17)から『防衛過程における自我の分裂』(1940)まで。対象喪失の意味を問い、自我の概念の提示、死の本能の考察から宗教論へ、人生と思索の関連が見えてくる。
■巻末に、精神分析史の理解に役立つ「人名解説」「用語解説」付き。全2巻。


目次


『精神分析入門』/『続精神分析入門』――自己分析への招待  西園昌久
『悲哀とメランコリー』を読む  皆川邦直
『ある幼児期神経症の病歴より』――精神分析の百科事典  前田重治
『子供が叩かれる――性倒錯の発生の知識への寄与』を読む  福本修
『無気味なもの』――フロイトは何を見たのか  北山修
『快原理の彼岸』――死の欲動と反復  小川豊昭
『集団心理学と自我の分析』――欲動論から関係理論へ  相田信男
『自我とエス』を読む  満岡義敬
道徳の衣を着たマゾヒズム『マゾヒズムの経済的問題』  川谷大治
『「マジック・メモ」についてのノート』のもつ射程  小川豊昭
『否定』とその後の展開  小川豊昭
不安の起源とその行くえ――『制止、症状、不安』  小林和
『素人による精神分析の問題――ある中立の立場にある人との問答』――精神分析家の資格と訓練  西園昌久
『ある幻想の未来』と今日の世相  坂口信貴
『文化への不満』――フロイトの「居心地悪さ」  北山修
『終わりある分析と終わりなき分析』――精神分析の限界とフロイトの限界  藤山直樹
『分析技法における構成の仕事』――過去と今をつなげることをめぐって  菊地孝則
『人間モーゼと一神教』――超自我・大洋感情をめぐって  武田専
フロイトにおける自我の分裂――『防衛過程における自我の分裂』を読む  古賀靖彦
精神分析の誕生と不気味なもの――解題に代えて  福本修

フロイト全著作一覧
用語解説・索引
人名解説・索引


著訳者略歴

西園昌久
にしぞの・まさひさ

1928年福岡県生まれ。1953年九州大学医学部卒業。九州大学医学部助教授(精神医学)、福岡大学医学部教授を経て、同大学名誉教授。心理社会的精神医学研究所を開設。前、日本精神分析協会会長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
北山修
きたやま・おさむ

1946年淡路島生まれ。1972年京都府立医科大学卒業。ロンドンのモーズレイ病院およびロンドン大学精神医学研究所にて2年研修。現在、九州大学大学院人間環境学研究院・医学研究院教授。南青山心理相談室に参加。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

第1巻(1895-1916)につづき第2巻で取り上げ、論じられるのは、1916年から亡くなるまで、さらに死後に出版された後期フロイトの論文。 ...続きを読む »

関連リンク

この本の関連書


「現代フロイト読本 2」の画像:

現代フロイト読本 2

「現代フロイト読本 2」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/424頁
定価 3,888円(本体3,600円)
ISBN 978-4-622-07366-6 C1011
2008年7月15日発行

この本を購入する