「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



シャルロット・ペリアン自伝

UNE VIE DE CREATION


「すべてがサン=シュルピス広場の私のアトリエで組み立てられた。台座にのった休息用のシェーズ・ロングは造形的に美しい。来客用のドッシエ・バスキュラン。大型と小型のグラン・コンフォールは天然皮革。この4種のモデルに、私は自分の食卓用に製作した回転椅子を加えた。この椅子はコンセプトが異なり、クッション部分はクロームメッキのフレームと独立していない。
結果に満足し、私はル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレをアトリエに招待した。ふたりを驚かせるために椅子があること、私たちのデザインに忠実につくられ、たしかに生命をもって私たちを迎える準備ができていることは黙っていた。ふたりはあっけにとられ、コルビュはいろいろと指摘したあと、ようやく言った。〈こいつはしゃれてる〉」

モダンデザインの名作家具を世に送り出し、ブルーノ・タウトの後任として戦前の日本各地で工芸指導にあたったフランス人女性建築家が、波乱に満ちた生涯を晩年にみずから綴った。装飾芸術から、建築と一体化したインテリア・設備へ。住まい、暮らしの芸術を開拓しつづけた「創造の人生」である。
フェルナン・レジェやジャン・プルヴェ、独立後もなお続いたル・コルビュジエとの共同作業、そして坂倉準三、前川國男、柳宗理、河井寛次郎、龍村平蔵ほか日本の建築・工芸界との奥深い交流、さらには長年にわたる山岳リゾート開発への関与など、本書は20世紀デザイン史への貴重な証言に満ちている。図版多数収録。


目次


I ことの始まりは1903年……
マルシェ=サントノレ広場/第一次世界大戦/装術中央連盟付属学校/サン=シュルピス広場

II ル・コルビュジエ、開拓の時代
セーヴル街のアトリエ/現代芸術家連盟(UAM)誕生/住宅の設備/1930年と1933年のソ連旅行/バレアル諸島でカヌーにのる/救世軍避難施設と大学都市のスイス学生会館/天国から追放されたイヴ/ナンジェセール=エ=コリ街のコルビュ邸/1932年、モンパルナスのミミ・パンソン/近代建築国際会議(CIAM)/1931年、ケルンでの任務/1935年、ブリュッセル万国博覧会/革命的作家芸術家同盟(AEAR)/生活芸術(アール・メナジェ)/パリの貧困/1936年、人民戦線/人民戦線の農業プログラム/コルビュのパリ/パリ万国博覧会/スペイン内乱/1937年、セーヴル街のアトリエとの決別/わが歓びが残るように/フリーフォーム・テーブル/山岳リゾートの建築

III 戦争――日本とインドシナ
予期せぬ提案/私の混乱のはけ口(船室で書いたメモ)/日本への道/1940年6月21日、リスボン。7月11日、ダーバン(白山丸上でのメモ) /伝統の日本を発見する/工芸指導顧問/地方での調査/「選択・伝統・創造」/インドシナ逃避行/真珠湾、太平洋戦争/さらば、日本/ハノイでの仕事/ダラットの避難民/インドシナにおけるフランス主権の喪失/希望の時?/フランス帰国

IV 実現の時代
メリベル、山岳リゾートの誕生/メリベルの私の小さなシャレ/コルビュの輝ける家で/建築家、それともチーム作業?/収納の規格化/フォルム・ユティールとUAMの解散/グループ・エスパス、アトリエ・ジャン・プルヴェ/戦後日本との再会/インドとチャンディガール/ギャラリー「ステフ・シモン」/生活芸術展における日本とサハラ/ブラジリア、夜明けのシンフォニー/エールフランス、ロンドン=パリ=東京/スー=ル=ヴァン諸島観光/ジュネーヴの国際連合/リオ・デ・ジャネイロ/自動車なしの冬のリゾート/パリの日本大使公邸/五月革命/渇きの三角形/ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレの死

V レジャーの建築、設備と環境
アルク山岳地帯/「アルク1600」自動車なしのリゾート/レジデンス・カスカード/アルク・モビリエ/「アルク1800」/パリの屋根を見おろすアパートメント/マルキーズ諸島/トゥアモトゥ/アルクにおける私の闘い/標高2000メートルの「アルク砦」/「アルク1800」上シャンテル/ホセ・ルイ・セルトの死/ラス・カーズ街のアトリエ/毛沢東の中国/満州の冬季スポーツリゾート?/「アルク1800」ミランタン/1985年のパリ個展と1996年のロンドン個展

VI 無と空のあいだで
レリス画廊/茶室/生きるための空間/対話

謝辞
訳者あとがき
索引


著訳者略歴

シャルロット・ペリアン
Charlotte Perriand

1903年、パリに生まれる。1925年、装飾芸術中央連盟付属学校卒業。1927年、サロン・ドートンヌで「屋根裏のバー」発表。同年、ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレのアトリエに入所し、住宅の内装と設備を担当。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
北代美和子
きただい・みわこ

1953年、東京生まれ。上智大学大学院外国語学研究科言語学専攻修士課程修了。翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

柏木博(デザイン評論家)
<日経新聞 2009年7月19日(日)>
黒岩比佐子(ノンフィクション作家)
<読売新聞 2009年7月5日(日)>
<ダ・カーポ特別編集 2009年11月18日発行>

関連リンク

この本の関連書


「シャルロット・ペリアン自伝」の画像:

シャルロット・ペリアン自伝

「シャルロット・ペリアン自伝」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/464頁
定価 5,940円(本体5,400円)
ISBN 978-4-622-07444-1 C0070
2009年6月10日発行

この本を購入する