「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ヴァレリー詩集 コロナ/コロニラ

CORONA / CORONILLA


〈これらの詩篇を見ていると溜め息が出てくる。この貧弱な宝石の塊の中にはほんとうに美しいものがある。作ってみるだけのことはあったのだ……。これらを一冊にまとめたら、フランスにこれまでなかったような詩集ができあがると思う〉(PV)

1938年から没年の1945年まで、ポール・ヴァレリーは最後の恋人ジャン・ヴォワリエことジャンヌ・ロヴィトンに宛てた手紙に同封するかたちで、詩を書きつづけていた。『魅惑』以来およそ20年、詩人の生涯で三番目で最後の詩作期であった。200篇にも及ぶと推定される詩の多くは、それぞれ「冠」「ちいさな冠」ほどの意味をもつ『コロナ』と『コロニラ』という二つの詩集にまとめられるはずであった。しかし、二人の破局とヴァレリーの死によって、それらは30年ほどの時間ジャンヌのもとで眠っていた。
フランス国立図書館所蔵のマイクロフィルムを基本に、一昨年はじめてフランスで公刊された詩集もあわせ、厳密な校訂と選択と訳詩の推敲を重ねた『コロナ』23篇と『コロニラ』21篇を軸に構成。同時期に執筆中の『わがファウスト』との関係もふくめ、最晩年の詩人の結実およびその思考の鍵を、いま明らかにする。


目次


ヴァレリーあるいは黄昏時の優しさ(松田浩則)
自分自身への手紙

コロナ
1 ナルシサへのソネット
2 ジャスミンへのオード
3 しだれ柳
4 魂よ……
5 ジャンヌ、きみの身体は……
6 世界一気高い……
7 夜の小さなオード
8 ポリドール、麗しの額……
9 びた一文の歌
10 日曜ごとの冠
11 美しすぎるよ、太陽は
12 きみ独りを置き去りにして
13 ありやなしや
14 きみ抜きで、きみを思い……
15 見込み薄い願い
16 行きつ戻りつの挙げ句……
17 私の夕暮れの花……
18 眼を閉じて……
19 哀歌
20 ペトラルカ風に
21 あなたのコロナについて
22 暁のバラード
23 ナルシサ

コロニラ
1 奥深き薔薇に寄せて
2 いとなみのさなか
3 午前四時
4 夜想曲 第二番
5 黄昏時に、彼方の高みで……
6 触覚のオード
7 セレナーデ
8 おお、美しい夜
9 おお、心臓のように鼓動する……
10 タイプライター即興詩
11 誰かさんとの十日間……
12 ポリドール
13 麗しのひとよ……
14 美女さんよ……
15 われらのコロナについて
16 きみの声が……
17 最高の女ともだち……
18 やけっぱち(イル・ディスペラート)
19 わたしのルスト……
20 愛の絶頂で一人……
21 ひと日の長さ……


あとがき(中井久夫)


著訳者略歴

ポール・ヴァレリー
Paul Valery

1871年10月30日、南仏の港町セットに生まれる。ユゴーに触発されて13歳から詩を書き始める。1890年5月26日、ピエール・ルイスと出会う。その後、ルイスを通して、ジッドを紹介される。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松田浩則
まつだ・ひろのり

1955年生まれ。東京大学大学院博士課程中退。現在 神戸大学大学院人文科学研究科教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中井久夫
なかい・ひさお

1934年生まれ。59年、京都大学医学部卒業。はじめウイルス研究者。東大分院において精神科医となる。甲南大学文学部人間科学科教授。神戸大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

苅部直(政治学者、日本政治思想史)
<東京人 2011年2月号>

関連リンク

この本の関連書


「ヴァレリー詩集 コロナ/コロニラ」の画像:

ヴァレリー詩集 コロナ/コロニラ

「ヴァレリー詩集 コロナ/コロニラ」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/200頁
定価 4,104円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-07545-5 C1098
2010年6月22日発行

この本を購入する