「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



あなたたちの天国

著者
李清俊
訳者
姜信子

韓国南西部に実在するハンセン病隔離の島・小鹿島(ソロクト)。植民地時代、日本の政策によって強制収容された人々が過酷な労働や断種手術を強いられた歴史をもつ。
戦後、1960年代初頭の軍政下に、この島の病院長として赴任した現役軍人の趙白憲(チョ・ベクホン)は、「楽園づくり」を開始する。患者たちが自立した生活を送れるよう、自分たちの手で海を堰き止めて農地をつくるという壮大な計画だ。
この島では《自由》が何より希求されてきたが、自由には疑いと憎しみと裏切りがついてまわる。住民総出で石をかついで海に投げ込む作業をどれほど続けても、先が見えず、不信が渦巻く。
島の長老の言う「自由より貴いもの、愛」は、いつの日にか実現するのか。はたして陸地は現われるのか──。
伝統芸能パンソリの旅芸人を描く林権澤監督の大ヒット映画「風の丘を越えて」の原作者・李清俊の代表作となった長編小説。

(カバー画 趙昌源「霊魂の歌」 国立ハンセン病資料館蔵)


目次


第一部
死者の島
楽園と銅像

第二部
出小鹿記
裏切り 1
裏切り 2

第三部 
天国の囲い

訳者あとがきにかえて──「未来の故郷」への脱出行、そして「問いの島」へ


著訳者略歴

李清俊
イ・チョンジュン

1939-2008。ソウル大学文理学部独文学科卒業。1960年代の李承晩政権に抵抗したいわゆる「四・一九世代」であり、戦後韓国文壇を代表するひとり。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
姜信子
きょう・のぶこ

1961年横浜市生まれ。東京大学法学部卒業。作家。恵泉女学園大学客員教授。86年に『ごく普通の在日韓国人』でノンフィクション朝日ジャーナル賞を受賞。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

藤野豊(富山国際大学准教授)
<北国新聞 2010年11月21日>
今福龍太(文化人類学者)
<読売新聞 2011年2月13日(日)>
田村元彦(西南学院大准教授)
<西日本新聞 2011年3月27日(日)>

関連リンク

この本の関連書


「あなたたちの天国」の画像:

あなたたちの天国

「あなたたちの天国」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/448頁
定価 4,104円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-07553-0 C0097
2010年10月19日発行

この本を購入する