みすず書房

なぜ科学を語ってすれ違うのか

ソーカル事件を超えて

WHO RULES IN SCIENCE ?

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 416頁
定価 4,180円 (本体:3,800円)
ISBN 978-4-622-07558-5
Cコード C1040
発行日 2010年11月19日
オンラインで購入
なぜ科学を語ってすれ違うのか

ソーカル事件以降、わたしたちはどこに行き着いたのだろう。漠然と「客観的」「科学的」なるものが何でも信奉されるなか、科学の哲学や社会学は空論のごとくみなされ、科学者は価値とのかかわりに二の足を踏み、その隙にもニセ科学が跋扈する……そんな着地のしかたでよいのだろうか?
本書は、科学の客観性・合理性・特権をめぐってすれ違う見解について、双方に深刻な錯覚があり、そのためどちらも現代社会の問題に対応できないと説く。たまねぎの皮を剥くように、すれ違う表層の議論を一層ずつ剥ぎ取りながら、著者は今日的な科学観を探っていく。科学の合理性と客観性にあらためて信を置きつつ、論争必至の問題提起に及ぶ、刺激的な科学論入門。

「強く推奨したい。科学をめぐる論争のなかで哲学的・政治的に焦点となっている問題について生き生きと説き、夢中で読ませる。……科学者、社会学者、そして著者と同じ科学哲学者──誰もが批判を免れない(そしてその批判はおおむね正当だ)。」
アラン・ソーカル
「信頼できる知識を生みだしつつ、公共の利益を積極的に守ることもできる、合理的なアクターとしての科学者像を復権させる書。じつに良く書けている。できるだけ幅広い層に読んでほしい。」
ウリカ・セーゲルストローレ

書評情報

金森修(東京大学教授)
日本経済新聞2010年12月19日(日)
池内了(宇宙物理学者)
読売新聞2010年12月19日(日)
金子務(科学史家)
東京新聞2011年1月9日(日)
海部宣男
毎日新聞2011年1月16日(日)
金子務(科学史家)
北海道新聞2011年1月30日(日)
吉永良正(大東文化大学)
日経サイエンス2011年3月号
辻篤子
朝日新聞2011年2月20日(日)
中部財界
2011年5月号
国府田隆夫
日本物理学会誌№ 5, vol. 66(2011年)

関連リンク