「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



長い道


著者は1928(昭和3)年生まれ。10歳で瀬戸内海に浮かぶ島、長島のハンセン病療養所長島愛生園(現・岡山県瀬戸内市)に入園、以来70年余をこの地で暮らす。22歳で療友と結婚後は園内で働く夫を主婦として支え、様々な後遺症を持ちながら、家事と読書を楽しんで慎ましく暮らしてきた。
「本は親友だったけれども、自分が書くなんて思ってもみなかった」が、80歳を迎える頃から習いおぼえたワープロで少しずつ、瑞々しい文章を生みだしていく。
家族の愛情に包まれて過ごした幼少期。発病によって故郷を離れ、孤児のような気持ちで過ごした少女時代。『モンテ・クリスト伯』を読みふけり、大海原に心遊ばせた十代。夫のために料理をし、ミシンをおぼえ裁縫に精出した日々。心の支えだった親友の最期。遠い道のりをいつまでも会いにきてくれた母への思い。
故郷の暮らしを細やかに綴った「生まれた村で」、長島での日々を語る「島の七十年」(聞き手・伊藤幸史神父)、親友の看取りの記「あの温かさがあったから生きてこれたんだよ」(『愛生』連載)他を収録。

著者の生き方と言葉に深くうたれ、交友がはじまった料理研究家・辰巳芳子さんとの対談「生きなければわからないこと」を巻末に付す。


目次


生まれた村で
  生まれた村で
  その日がくるまで

島の七十年

別れの予感
  別れの予感
  あの夏の日
  愛生園の片隅で
  微笑みの人、横田先生
  風にも負けず

あの温かさがあったから生きてこれたんだよ

あとがき
妻との日々  宮撝孝行
初出等


著訳者略歴

宮﨑かづゑ
みやざき・かづえ

1928(昭和3)年岡山生まれ。1938(昭和13)年12月末、10歳で国立ハンセン病療養所長島愛生園(現・岡山県瀬戸内市)入園。入園直後、注射針から雑菌が入り、左足の大手術をする。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

鷲田清一<2016年10月21日:朝日新聞「折々のことば」>
松永美穂(早稲田大学教授)
<2012年9月9日(日):朝日新聞>
高山文彦(作家)
<2012年9月3日号:週刊文春「文春図書館」>
<:ミセス2012年10月号>
<2012年9月16日(日):読売新聞>
小林照幸(ノンフィクション作家)
<2012年9月16日(日):北海道新聞>
<:クロワッサン2012年10月10日号>
若松英輔(批評家)
<:中央公論2012年10月号>
小池昌代(詩人・作家)
<:母の友2012年12月号>
平松洋子(エッセイスト)
<:東京人2012年12月号>
佐田尾信作(論説副主幹)
<2012年10月27日:中国新聞>
田中千世子(秋草学園短期大学)
<:社会新報2012年11月28日号>
平松洋子(エッセイスト)
<:文藝春秋2012年11月号>
松永美穂(早稲田大学教授)
<2012年12月23日(日):朝日新聞「今年の3点」>
若松英輔(批評家)
<2012年10月:中央公論2013年2月23日号>
<:いきいき2013年7月号>

関連リンク

この本の関連書


「長い道」の画像:

長い道

「長い道」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 2,592円(本体2,400円)
ISBN 978-4-622-07674-2 C0095
2012年7月20日発行

この本を購入する