「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



幻滅論【増補版】

著者
北山修

精神分析の観点から、日本人の〈きずな〉や〈つながり〉の発生を研究するに際し、著者が着目してきたのは、『古事記』や昔話、浮世絵の母子像や春画に描かれた二者あるいは三者の光景だ。そこでまなざしを向けられるのは、描かれた人であるよりもむしろ、人と人との間や背景、つまり見えない心の交流・動きである。そこに読み取られるのは、人と人とのつながりであり、つながりがありつづけているという幻想であり、つながりが断ち切られることから生じる幻滅である。個人にとって「幻滅」とは、人知れず体験される心的苦痛であると同時に、心が現実と触れあうチャンスでもある。この幻滅体験を患者と共にみつめ、成熟への時間と空間を提供するのが精神分析家の仕事なのだ。
今回、著者の応用精神分析的論考の新たな成果として、「「日本人」という抵抗――私見」を増補。独自のスタイルで発展する我が国の精神分析の歴史をその起源から分析的に考察するとともに、広く日本文化における「幻滅恐怖」と「二重性」の問題を取り上げる。


目次


はじめに
I 言葉にすること
言語的治療として/言語の理論/言語的実践のために

1 人と人のつながり
II 情緒的交流
情緒の言葉/言語と情緒の対立図式/情緒的洞察/言語の優位
III 描かれた過去から
反復の起源/浮世絵の母子像/モノを媒介にして/浮世絵の中の人工性/調査結果
IV 二者間内交流と二者間外交流
開かれた二者関係/二重の交流/若干の国際比較/あの歌よもう一度

2 「つながり」の構造
V 春画のなかの子どもたち
父親の場所/好色と禁止/性交に参加する子どもたち
VI 「甘え」とその愛の上下関係
「甘え」の位置関係/愛の上下関係/目下から愛情/パースペクティヴの交替
VII 幻滅と比喩
言語以前/「つながり」の比喩/「つながり」の幻滅/部分から全体へ/反省/いること
VIII 幻滅と脱錯覚
いわゆる「幻滅」とは/父親による幻滅/クラインの幻滅/幻滅を回避する可能性/中間領域の錯覚/父親のこと/幻滅しないなら
IX 浮かんで消える
幻滅の物語/見るなの禁止/はかない対象/生の執着と死のあきらめ/もののあはれ

3 幻滅の臨床
X 恥の取り扱いをめぐって
「蓋をとる方法」/症例・ドラ/露出と拒否の物語/幻滅の手前/理論的考察/かかる時間
XI 「恩」概念の臨床的意義について
恩と罪悪感/臨床体験――人の世話になりたがらない/患者たち/返しきれない恩
XII 阿闍世コンプレックスの罪悪感
治療経験/自虐的世話役/急激な幻滅と罪悪感/絵による提示/治療者の同一化/現実の価値
XIII 物事と言葉
幻滅の歴史/治療現場の饒舌/形あるものの力/多義的なコトバ
XIV 環境の価値
精神分析の文化論/環境決定論との出会い/英国/環境決定論/ポテンシャルとしての「本当の自分」/その取り扱い/しかしウィニコットにはなれない
XV 現実依存
依存の事実/関係を織り込むこと/「膨れ上がるイメージに比べて現実が小さすぎる」という女性患者/現実の価値

さいごに
XVI 日本語臨床と独創性
独創性と事典/臨床実践から書いたものへ/日本人のオリジナリティ

[増補] 十年後の応用精神分析
XVII 「日本人」という抵抗 ――私見
1 はじめに/2 組織的な問題/3 四人のパイオニアの「抵抗」/4 「闘い」とアムステルダム・ショック/5 二重性の起源と反復

あとがき
私のなかの「兎と亀」――増補版へのあとがきに代えて
初出一覧


著訳者略歴

北山修
きたやま・おさむ

1946年淡路島生まれ。精神分析医。’72年、京都府立医科大学卒業後、札幌医科大学内科研修生を経て、ロンドンのモーズレイ病院およびロンドン大学精神医学研究所にて2年研修。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

「私のなかの「兎と亀」――増補版へのあとがきに代えて」

(増補版には新たに「私のなかの「兎と亀」――増補版へのあとがきに代えて」が書き下ろされました。全文をここでお読みになれます。)

ここに私の書いたものの多くは、人には表と裏があって、それがゆえの「見るなの禁止」と幻滅が中心テーマになっている。 ...続きを読む »

関連リンク

この本の関連書


「幻滅論【増補版】」の画像:

幻滅論【増補版】

「幻滅論【増補版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 978-4-622-07713-8 C1047
2012年8月23日発行

この本を購入する