みすず書房

出生外傷

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 288頁
定価 4,400円 (本体:4,000円)
ISBN 978-4-622-07782-4
Cコード C3011
発行日 2013年8月19日
オンラインで購入
出生外傷

精神分析の歴史において、オットー・ランクの名は精神分析から離反していった「逸脱者」として記憶されている。
精神分析の開祖フロイトにもっとも愛された弟子と言われていたランクの立場は、1924年に本書を発表したことによって一変した。ある精神分析家は本書をユングの逸脱にも一致する「不吉な発展」とまで評し、フロイトとランクの関係もまた、本書の刊行を境に緊張したものへと変わっていったのである。
本書はランクが、神経症や精神病は「出生時の外傷の再現である」という壮大な試論を描き出そうとしたものである。
精神分析の歴史のなかで十分に語られることのなかった試論、そしてランクが「出生外傷」と呼んだ不安の根源は、今日の精神分析に何を投げかけるのか。ランクの主著にして、今日の早期母子関係論の先駆けともいえる重要古典が、いま明らかになる。

目次

序文
第1章 分析的状況
第2章 幼児的不安
第3章 性的充足
第4章 神経症的再現
第5章 象徴的適応
第6章 英雄的補償
第7章 宗教的昇華
第8章 芸術的理想化
第9章 哲学的思索
第10章 精神分析的認識
第11章 治療的作用

解題  大塚紳一郎
訳者あとがき

関連リンク