みすず書房

共通文化にむけて

文化研究 I

CULTURE IS ORDINARY

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 360頁
定価 6,380円 (本体:5,800円)
ISBN 978-4-622-07814-2
Cコード C1010
発行日 2013年12月25日
オンラインで購入
共通文化にむけて

「『オリエンタリズム』以後のわたしの仕事は、レイモンドの仕事をほんとうに大きな支えにしてきました」(E・W・サイード)
「イギリスの知の世界はそのもっとも個性的で独創的な人物を失い、左翼陣営はそのもっとも傑出した社会主義知識人を失った」(スチュアート・ホール)

カルチュラル・スタディーズの祖と目される批評家にして、1950年代末から新自由主義台頭のサッチャー政権時代まで新たなオルタナティヴを提示しつづけたニューレフト運動の論客。テリー・イーグルトンいわく「戦後イギリスが生んだもっとも優れた文化思想家」の全貌を示す日本独自編集版(全2巻)。第I巻の本書は「文化とはふつうのもの」「共通文化の理念」「社会ダーウィニズム」「マルクス主義文化理論における土台と上部構造」「社会主義とエコロジー」「ウェールズとイングランド」「距離」「映画史」ほか、すべて本邦初訳の論考16篇とリチャード・ホガートとの対話1篇、初期から晩年にいたる文化論を集成。

目次

I 共通文化とコミュニティ
文化とはふつうのもの
このアクチュアルな成長
コミュニケーションとコミュニティ
共通文化の理念
コミュニティの意義

II 自然・社会・文化唯物論
自然の観念
社会ダーウィニズム
マルクス主義文化理論における土台と上部構造
社会主義とエコロジー

III ウェールズの文化と社会
意味を掘り起こす  炭鉱ストライキのキーワード
ウェールズの文化
ウェールズとイングランド
コミュニティ

IV メディアとリテラシー
距離
映画史
小説と筆者大衆
労働者階級の態度  リチャード・ホガートとの対話

編者解題
編者あとがき
索引

書評情報

高山智樹(北九州市立大学文学部教授)
図書新聞2014年3月8日号
武田徹(評論家)
朝日新聞2016年5月29日

関連リンク