「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



精神医学重要文献シリーズHeritage

妄想論

著者
笠原嘉

「統合失調症の薬物療法の方は第三世代の抗精神病薬の出現によって、この30年間に一定の進歩があったと思われるのに、残念ながらそれに比すると精神病理学的な妄想研究からは心理的精神的治療にとくに資するところがあったとは思えない。それよりももっと気になるのは、1980年以後この種の精神病理学的研究が日本のみならず欧州でもぱったり途絶えたことである」(「解説」より)

 本書の初出となる論文の書かれた1978年以前、妄想をめぐって正常と異常の境界をどこに引くかについて、あまたの精神医学者によって議論されてきた。ドイツ語圏、フランス語圏、そしてわが国においても、妄想は精神病理学が人間を理解し、病いを定義するうえで、もっとも重要な起点となるトピックだったのである。
 本書ではドイツ語圏の精神病理学者たちの先駆的な研究を中心に、妄想の成り立ちから経過・治療までを各学派がどのようにとらえてきたのかを体系的に解説する。
 中井久夫、安永浩、木村敏ほか、学史を賑わせた日本の精神医学者の研究をも渉猟した本書は、20世紀精神病理学の思想地図とも言うべきものである。


目次


まえがき
1 妄想の定義――妄想知覚論
2 妄想の成立条件
3 妄想の力動
4 妄想の人間学
5 妄想主導の諸病態
6 妄想の経過
文献
解説


著訳者略歴

笠原嘉
かさはら・よみし

1928年神戸に生れる。京都大学医学部卒業。精神医学専攻。名古屋大学名誉教授、桜クリニック院長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「妄想論」の画像:

妄想論

「妄想論」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-08237-8 C1311
2010年5月20日発行

この本を購入する