「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



民主主義の内なる敵

LES ENNEMIES INTIMES DE LA DEMOCRATIE


「民主主義はその行き過ぎによって病んでいる。そこでは自由は暴政と化し、人民は操作可能な群集へと姿を変える。進歩を促進しようとする欲望は、十字軍の精神に変化する。経済、国家、法は万人の開花のための手段であることをやめ、いまや非人間化のプロセスの性質を帯びている」

今日、民主主義の危機は外部(ファシズム)からやって来るのではない。民主主義みずからが内なる敵を生み出し、自身の存立を脅かす。すなわち、政治的メシア信仰、個人の専横、新自由主義、ポピュリズム、外国人嫌いである。
シリア内戦、IS、難民、テロ――現在時の危機を通じて、「進歩、自由、人民」というリベラルな理念がいかに社会全体の幸福を危うくするかを抉り出す。みずからもブルガリアからの移民であるフランス思想界の大御所が、民主主義の再生へ向けて新たな多元主義と共存の方途を探る、渾身の現代政治文化論。


目次


第1章 民主主義内部の不具合
自由のパラドクス/内外の敵/行き過ぎに脅かされる民主主義

第2章 古来の論争
登場人物/ペラギウス――意志と完全さ/アウグスティヌス――無意識と原罪/論争の結末

第3章 政治的なメシア信仰
革命期/第一波――革命戦争と植民地戦争/第二波――共産主義の計画/第三波――爆弾によって民主主義を押しつける/イラク戦争/内的な損害――拷問/アフガニスタン戦争/傲慢と権力の誘惑/リビア戦争――決定/リビア戦争――死刑執行/理想主義者と現実主義者/道徳と正義に直面した政治

第4章 個人の専横
個人を擁護する/人間的行動を説明する/共産主義と新自由主義/非妥協的保守主義の誘惑/新自由主義の盲点/自由と執着

第5章 新自由主義の結果
科学の責任?/法の後退/意味の喪失/マネジメントの技術/マスメディアという権力/公的発言の自由/自由の制限

第6章 ポピュリズムと外国人嫌い
ポピュリズムの台頭/ポピュリズムの言説/民族的アイデンティティ/多文化共存を打倒せよ――ドイツの場合/英国とフランスにおいて/スカーフをめぐって/一つの論争が他の論争を隠しているかもしれない/外国人との交流/共によりよく生きる

第7章 民主主義の将来
民主主義――夢と現実/私たちの内なる敵/再生に向かって?

原注
訳者あとがき
人名索引


著訳者略歴

ツヴェタン・トドロフ
Tzvetan Todorov

1939年、ブルガリアのソフィアに生まれる。1963年、渡仏。1973年、フランス国籍取得。現在、国立科学研究所(CNRS)の芸術・言語研究センター研究指導教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大谷尚文
おおたに・なおふみ

1947年、島根県生まれ。宮城県出身。東北大学文学部大学院修士課程修了。弘前大学講師、助教授、教授を経て、石巻専修大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

吉田徹(北海道大学大学院教授)
<2016年9月10日号:週間ダイヤモンド>
杉田敦(政治学者・法政大学教授)
<2016年10月16日(日):朝日新聞>
竹森俊平(慶應大学教授)
<2017年1月6日(金):読売新聞「歴史の転換点2017年展望」>
河野龍太郎<2016値苑11月5日号:週間東洋経済>
竹森俊平(慶應大学教授)
<2017年1月6日:読売新聞>

関連リンク

この本の関連書


「民主主義の内なる敵」の画像:

民主主義の内なる敵

「民主主義の内なる敵」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
定価 4,860円(本体4,500円)
ISBN 978-4-622-08512-6 C1010
2016年7月25日発行

この本を購入する