みすず書房

哲学とはなにか

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 224頁
定価 4,400円 (本体:4,000円)
ISBN 978-4-622-08600-0
Cコード C1010
発行日 2017年1月25日
オンラインで購入
哲学とはなにか

本書は「哲学とはなにか」という問いに、「音声」「要請」「言い表しうるもの」「序文」「ムーサ(詩歌女神)たち」をテーマにした五つのテクストをつうじて答えている。人間の言語活動の始原にあるもの、その根本的な構造、音声と言語の差異を追って、考古学的研究と理論的研究が密接にからまりあう。
音声と言葉、音と意味が接触する瞬間を思考と呼ぶなら、詩と哲学は互いのなかに内在している。哲学とは音声を探究し記憶にとどめる行為のことだ。詩が言語を愛し、探究する行為であるのと同じである。
西洋の知は、究極的には、奪い去られた音声、文字への転写を基礎として構築されてきた。これこそは、西洋の知の脆弱な、しかしまた強靭な創建神話である。それらの延長線上に、現実を救うことを放棄して破壊に向かう科学と、もはや挑戦をせず、感性界とのつながりを失った哲学がある。
世界への原初的な開かれは論理的なものではなくて、音楽的なものだ。詩歌女神(ムーサ)たちの住まう場所。よって哲学は今日、音楽の改革としてのみ生じうる。
「哲学者が書いているすべてのことは、書かれていない作品への序文である」──かつて予告した「人間の声」をめぐる構想に、アガンベンは25年をへて取り組んだ。

[本書は、第3回須賀敦子翻訳賞を受賞しました]

目次

まえおき

音声の経験
要請の概念について
言い表しうるものとイデアについて
序文を書くことについて

付録 詩歌女神(ムーサ)の至芸——音楽と政治

訳者あとがき
文献
人名索引

関連リンク