「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



クレーの日記

TAGEBÜCHER 1898-1918

Textkritische Neuedition


「色彩は私を永遠に捉えた、私にはそれがわかる。この至福の時が意味するのは、私と色彩はひとつだということ。私は、画家だということ」(チュニジア旅行、1914年4月16日)
画家パウル・クレー(1879-1940)は文章を書くのも好きで、自己省察のために日記をつけていた。画家の死後、遺された四冊のノートは息子フェリックスによって編集され、『クレーの日記』(1956)として刊行された。
クレー研究が進むにつれ明らかになってきた「フェリックス版」の問題点を、第一線の研究者が詳細に再検討して校訂、再編集したのがこの新版である。生い立ち、影響関係、交友関係、絵画技法への取り組み、育児、軍隊生活…画家となるまでの道のりでやきついた原体験が映し出されている。
切ったり、貼ったり、押したり…、まるで作品をつくるように丹念に書き継がれた、いわばクレーの自叙伝ともいえる日記を、手稿図版を織り交ぜ、新しい日本語でお届けする。

『新版 クレーの日記』(2009年3月25日発行)を装い新たに、葛西薫のブックデザインにより新装復刊。美術を愛する人へ贈る。ビニールクロス装・函入。


目次


日本のみなさまへ (アリョーシャ・クレー)

第一の日記
第二の日記
第三の日記
第四の日記
付録

編者あとがき (ヴォルフガング・ケルステン)
編集協力ノート (新藤真知)
シュヴァービング散歩――訳者あとがきにかえて (高橋文子)
作品リスト
索引



表紙(ビニールクロス装)
| 背表紙 | 裏表紙


著訳者略歴

パウル・クレー
Paul Klee

20世紀を代表する画家の一人。1879年、ドイツ人音楽教師を父に、スイス人声楽家を母にベルン(スイス)近郊に生まれる。高等学校卒業と同時にミュンヒェンに出て画塾に通うが3年後ベルンに戻り、独学の道を選ぶ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ヴォルフガング・ケルステン
Wolfgang F. Kersten

テュービンゲンとマールブルクで美術史、哲学、考古学および生活文化論を学ぶ。1985年ベルリンのバウハウス資料館、1986年から91年までベルン美術館のパウル・クレー財団勤務。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
高橋文子
たかはし・ふみこ

横浜生まれ。上智大学とミュンヒェンでドイツ文学を学ぶ。上智大学非常勤講師。翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

椹木野衣(多摩美術大学教授・美術批評家)
<朝日新聞 2018年7月15日(日)>

この本の関連書


「クレーの日記」の画像:

クレーの日記

「クレーの日記」の書籍情報:

菊変型判 タテ218mm×ヨコ144mm/576頁
定価 7,776円(本体7,200円)
ISBN 978-4-622-08661-1 C1070
2018年5月8日発行

この本を購入する