みすず書房

実践感覚 2【新装版】

LE SENS PRATIQUE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 280頁
定価 4,180円 (本体:3,800円)
ISBN 978-4-622-08750-2
Cコード C1010
発行日 2018年10月 9日
オンラインで購入
実践感覚 2【新装版】

社会学的思惟を革新したブルデュの主著《実践感覚》は、ここに完結した。
第一巻〈理論理性批判〉では、ブルデュ社会学の基本的諸概念(構造、ハビトゥス、実践、象徴資本)と、その諸概念を構成する彼の理論的構成法を記述する。それは、現象学から構造主義へ、実体主義的思考から構造・関係主義への認識論的旋回をめざし、伝統的社会学の思惟様式にレヴィ=ストロースの構造主義をも超える方向転換をもたらすものであった。
第二巻〈実践の論理〉は、前巻の理論篇に対するいわば応用篇である。ここでは、カビリアのアルカイックな社会の日常生活に見られる〈慣習的行動=実践〉が記述され、これらの諸実践が多様なハビトゥスを介して構造へと形成される。諸概念が具体的素材による例証を得、逆に日常生活の数々の実践が、概念によって照明されることで、新たな〈意味〉を帯びてくる。本巻は、認識論的な〈錯認〉〈否認〉を回避し、それが由来するメカニズムを含めて、社会的事象を描出しようとするブルデュの社会学的実証の到達点を示している。

[初版1990年10月発行、新装版2001年6月刊行]

目次

第二部 実践の論理
序言
第1章 土地と結婚戦略
第2章 親族の社会的用法
  問いの状態
  関係の機能と集団の基礎
  月並みなものと並み‐外れたもの
  結婚戦略と社会的再生産
第3章 アナロジーの悪魔
  産出公式
  基本的分割
  閾と移行
  否認された侵犯
  図式の移転と相同性
  不確定性の良い使用法
付論 家または転倒した世界


あとがき
参考文献