「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



現象としての人間【新版・新装版】

LE PHENOMENE HUMAIN


「宗教は人間を疎外するという考え方の根本的な修正を迫り、宗教が人類の真の進歩のためにどんなに大きな刺激となりうるかを、自らの生き方によって証明しようとした宗教観を彷彿させる。そこには現代科学の成果が信仰を困難にするどころか、むしろこれによってキリスト教の信仰内容がいかに深められ、よく理解できるようになるかの証しに一生を捧げた、テイヤールの姿が大きく浮かび上がってくる。」
(「テイヤールの生涯と仕事」より)

イエズス会の司祭であり、また科学者として北京原人の発掘に関わった、テイヤールの主著。生前は、イエズス会から出版を認められず、歿後まもなく1950年に原書は刊行される。科学とキリスト教の綜合を目指し、人類と神の存在を宇宙にさぐる、深遠な思想を展開する。訳者による「テイヤールの生涯と仕事」と「テイヤールの著作と参考文献」を加えた新版(2011年刊)の新装版(邦訳初版は1964年刊、改訳『テイヤール・ド・シャルダン著作集』第1巻所収1969年刊)。


目次


序文(N・M・ウィルディールス)
はしがき
プロローグ《見ること》

第一部 生命が現われるまで
第一章 宇宙の素材
第二章 物質の内面
第三章 幼年期の地球

第二部 生命
第一章 生命の出現
第二章 生命の膨張
第三章 デーメーテール

第三部 思考力
第一章 思考力の発生
第二章 精神圏の展開
第三章 近代の地球

第四部 高次の生命
第一章 人類集団の未来
第二章 集団を超えるもの――高次の人格
第三章 地球の最後

むすび キリスト教という現象

要約 あとがき 現象としての人間の本質
付録 進化する地球における悪の位置と役割に関する若干の覚え書
図表 四足動物の層の発展/キュエノによる〈生命の樹〉/霊長類の発展/人類の層の発展

テイヤールの生涯と仕事(美田稔)
訳者あとがき
新版への訳者あとがき
テイヤールの著作と参考文献
索引


著訳者略歴

ピエール・テイヤール・ド・シャルダン
Pierre Teilhard de Chardin

1881年フランスに生れる。1899年にイエズス会に入り、哲学、神学、地質学、古生物学を学ぶ。1911年司祭に叙階される。1914年第一次世界大戦に担架兵として従軍。1920-23年パリのカトリック大学地質学助教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
美田稔
みた・みのる

1929年広島に生れる。駐日ベルギー大使館勤務を経て、翻訳に従事。特にテイヤールの翻訳に専念し、日本テイヤール研究会代表を務めた。現代フランス思想専攻。2016年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「現象としての人間【新版・新装版】」の画像:

現象としての人間【新版・新装版】

「現象としての人間【新版・新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/422頁
定価 4,752円(本体4,400円)
ISBN 978-4-622-08802-8 C1010
2019年2月19日発行

この本を購入する