「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



スミス・マルクス・ケインズ

よみがえる危機の処方箋

KEIN KAPITALISMUS IST AUCH KEINE LÖSUNG

Die Krise der heutigen Ökonomie oder Was wir von Smith, Marx und Keynes lernen können




経済危機はなぜ起こるのか? 貧富の差はなぜ固定するのか? 豊かさはどこから生まれるのか? お金の役割とは? こうした問いを理解するために、経済学の最重要人物スミス、マルクス、ケインズに立ち返ってみよう。彼らが出した答えから、経済学の核心を見ることができる。
資本主義はたえざる流動的なプロセスである。彼らはそれぞれの時代において資本主義の本質をつかみ、経済学を刷新した。スミス『国富論』、マルクス『資本論』、ケインズ『一般理論』のポイントと彼らの生きた時代を記述し、資本主義という逆説に満ちた社会システムを明らかにする。いま新たな段階に進み、危機を孕み持つ資本主義への処方箋。


目次


第一章 はじめに――現代経済学の危機
第二章 経済を発見した哲学者――アダム・スミス
第三章 パン屋から自由貿易まで――『国富論』(1776)
第四章 資本主義を分析した共産主義者――カール・マルクス
第五章 科学となった社会主義――『資本論』(1867)
第六章 資本主義には無関心――新古典派
第七章 貨幣はどこに?!――ジョン・メイナード・ケインズ
第八章 確実なのは不確実性だけ――『一般理論』(1936)
第九章 今日の主流派――資本主義を取り除いても解決にはならない
第十章 スミス、マルクス、ケインズから何が学べるか

訳者解説
参考文献


著訳者略歴

ウルリケ・ヘルマン
Ulrike Herrmann

ドイツの経済ジャーナリスト。1964年生まれ。銀行勤務を経て、ベルリン自由大学で歴史学と哲学を専攻。2006年より日刊紙『taz』で経済部門を担当。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鈴木直
すずき・ただし

1949年東京生まれ。ドイツ思想史専攻。東京大学教養学部ドイツ分科卒業、同大学院比較文学比較文化修士課程修了、博士課程退学。東京医科歯科大学教養部教授を経て、東京経済大学経済学部教授(社会思想史)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「スミス・マルクス・ケインズ」の画像:

スミス・マルクス・ケインズ

「スミス・マルクス・ケインズ」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/408頁
定価 3,960円(本体3,600円)
ISBN 978-4-622-08867-7 C0033
2020年2月17日発行

この本を購入する