「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



全体主義の起原 3【新版】

全体主義

THE ORIGINS OF TOTALITARIANISM

Totalitarianism


〈現在までのところ、すべては可能であるという全体主義の信念は、すべてのものは破壊され得るということだけしか証明してこなかったように見える。けれども、すべてが可能であることを証明しようとするその努力の中で全体主義体制は、人間が罰することも赦すこともできない犯罪が存在するという事実をそれとは知らずにあばき出した。不可能なことが可能にされたとき、それは罰することも赦すこともできない根源的な悪となった。この悪は、利己主義や貪欲や利欲や怨恨(ルサンチマン)や権力欲や怯惰(きょうだ)のような悪い動機をもってしてはもはや理解することも説明することもできまい。それゆえまた怒りをもってこれに報復することも、愛によってこれを忍ぶことも、友情によってこれを赦すことも、法律をもってこれを処罰することもできまい。屍体製造工場に、あるいは忘却の穴に投げこまれた犠牲者たちが、刑吏たちの目にはもはや〈人間的〉と見えなかったのとまったく同様に、この最も新しい種類の犯罪者はわれわれ一人一人が人間の罪業の意識で連帯することを覚悟しなければならぬ枠をすら超えている〉

人類史上それまでにはなかった全体主義という枠組から、ナチス・ドイツとソヴィエト・ロシアの同質性と実態を分析する。


目次


新版にあたって――凡例

まえがき(1968年の英語分冊版より)

第十章 階級社会の崩壊
1 大衆
2 モッブとエリートの一時的同盟

第十一章 全体主義運動
1 全体主義のプロパガンダ
2 全体主義組織

第十二章 全体的支配
1 国家機構
2 秘密警察の役割
3 強制収容所

第十三章 イデオロギーとテロル――新しい国家形式

エピローグ(英語版第13章 イデオロギーとテロル――新しい統治形式)

原註
訳者あとがき  大島通義
新版への解説  矢野久美子

参考文献
事項索引
人名索引


著訳者略歴

ハンナ・アーレント
Hannah Arendt

1906-1975。ドイツのハノーファー近郊リンデンでユダヤ系の家庭に生まれる。マールブルク大学でハイデガーとブルトマンに、ハイデルベルク大学でヤスパースに、フライブルク大学でフッサールに学ぶ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大久保和郎
おおくぼ・かずお

1923年東京に生まれる。慶應義塾大学文学部中退。独・仏文学を専攻。1975年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大島かおり
おおしま・かおり

1931年に生まれる。東京女子大学文学部卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
矢野久美子
やの・くみこ

1964年に生まれる。フェリス女学院大学国際交流学部教授。著書『ハンナ・アーレント、あるいは政治的思考の場所』(みすず書房、2002)『ハンナ・アーレント』(中公新書、2014)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「全体主義の起原 3【新版】」の画像:

全体主義の起原 3【新版】

「全体主義の起原 3【新版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/512頁
定価 5,184円(本体4,800円)
ISBN 978-4-622-08627-7 C1031
2017年8月23日発行

この本を購入する