みすず書房

医療エラーはなぜ起きるのか 電子書籍あり

複雑なシステムが患者を傷つける

WHEN WE DO HARM

A Doctor Confronts Medical Error

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 368頁
定価 3,740円 (本体:3,400円)
ISBN 978-4-622-09089-2
Cコード C0036
発行日 2022年5月16日
電子書籍配信開始日 2022年6月 3日
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
医療エラーはなぜ起きるのか

2016年、由緒ある医学誌『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』は、衝撃的な論文を掲載した。米国では、医療エラーが死因の第3位を占めているというのだ。本当に? 医療エラーは本当に、乳がん、脳卒中、アルツハイマー病、事故、糖尿病、肺炎を抜いたのか?
現役内科医にして優れたライターでもある著者が、医療エラーは「どんなときに」「どうやって」「なぜ」起きるのかを徹底分析。ときに自身のエラーの経験も示しながら、あらゆる角度から医療エラーの実態に迫る。電子カルテの意地悪な仕組み、細分化される現場の責任、医療者の過酷な勤務形態や階層構造――医療エラーは、引き起こした者だけの問題ではないのだ。
医療者はいかにエラーを減らせばよいのか、そして、患者はどう医療エラーを避ければよいのか。ドラマティックな症例を交えて描かれる、解決志向のノンフィクション。

目次

第1章 ジャンボジェット墜落 その比喩は正しいか
第2章 先が見えない
第3章 誤診 なぜ見のがしてしまうのか
第4章 発熱
第5章 診断するということ
第6章 坂道をころげ落ちるように
第7章 電子化で得たもの、失ったもの
第8章 そのあとのこと
第9章 時間に追われて
第10章 立場がちがえば
第11章 法廷で会いましょう
第12章 もっとよい方法はないか?
第13章 答えを求めて
第14章 頭を使え
第15章 どこにエラーがあったのか
第16章 では患者はどうすればいいのか
第17章 本当にエラーを減らすために

謝辞

索引

書評情報

日本経済新聞(短評)
2022年6月11日

関連リンク