「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



月刊「みすず」

2007年6月号

みすず no.550

目次

歴史を逆なでする
  『糸と痕跡』の序文
カルロ・ギンズブルグ
[ 訳 ] 上村忠男
『仁科芳雄往復書簡集』を読む
  仁科芳雄という人/研究者の人格
江沢洋
/岡本拓司
木石片々録 90
  傍観主義
外山滋比古
新東京読本 27
  直線上の快楽
枝川公一
オシムとともに 4
  プロとして
千田善
傍観者からの手紙 43
  「生のものと火を通したもの」
外岡秀俊
池内紀の〈いきもの〉図鑑 65 池内紀
アラブ、祈りとしての文学 5
  異郷と幻影
岡真理
ふるほん行脚 44
  旅ゆけば阪急古書のまち篇
田中眞澄
帝国と棄民たち 4 山本ひろ子
渓流三昧 14
  サクラマス捕物帖(上)
瀬畑雄三
住まいの手帖 24
  団地行脚の心得は…
植田実
〔表紙写真〕
  シリーズ「消滅する時間」より
堀田展造

「2007年6月号」の画像:

2007年6月号

「2007年6月号」の書籍情報:

2007年6月1日発売
定価 324円(本体300円)