「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ヴァルター・ベンヤミン/グレーテル・アドルノ往復書簡 1930-1940

Gretel Adorno, Walter Benjamin

BRIEFWECHSEL 1930-1940

著者
ヴァルター・ベンヤミン
著者
グレーテル・アドルノ
H・ローニツ
C・ゲッデ
訳者
伊藤白
訳者
鈴木直
訳者
三島憲一

20世紀の知的アヴァンギャルドとして輝きを放ちつづけるベンヤミンと、やがて彼の盟友テオドーア・アドルノの妻となるグレーテル。二人が交わした180通の書簡を集成する。
「わたしは子供を産むことはないでしょうから、あなたを養子にします」(グレーテル、1933年)。
ナチ党の政権奪取後、グレーテルは亡命したベンヤミンを文通と送金によって精神的、経済的に支えつづけた。
ベンヤミンはグレーテルに、読書や執筆の計画、アイデアを書き送った。困窮、孤独や不安も隠さなかった。実現しなかった企画、掲載されなかった原稿、もつれる人間関係……手紙には、研究対象を追い求める不器用なベンヤミンの姿が表れる。「早くお返事をください。あなたがいてくださることを、今またとても必要としています」(ベンヤミン、1939年)
戦争勃発後、行き場をなくしたベンヤミンは死の数か月前、20年間の突破口である考えを書きとめた、それをあなたに手渡したいという意図を、グレーテルに伝えた。のちに「歴史の概念について」と呼ばれるテーゼである。
本書は、ベルリンのユダヤ知識人コミュニティの残照を記録し、またベンヤミンが「パサージュ論」やさまざまな原稿を執筆した状況を伝える歴史・思想史上の証言である。秘密の情熱を絶やさないままに、試練に鍛えられた男女の友情の稀有なドキュメントが、困難の中で人間のつながりとは何かを照らし出す。


目次


ヴァルター・ベンヤミン グレーテル・アドルノ往復書簡 1930-1940

編者あとがき
訳者解説  ベンヤミンの命を救った手紙
文献の省略表記一覧
人名索引


著訳者略歴

ヴァルター・ベンヤミン
Walter Benjamin

1892-1940。ベルリンに生まれる。高校時代からドイツ青年運動に参加、ベルリン大学とフライブルク大学で哲学を学ぶ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
グレーテル・アドルノ
Gretel Adorno

1902-1993。ベルリン生まれ。化学の博士号を取得後、手袋工場を経営。37年、14年間の婚約期間をへてテーオドーア・アドルノと亡命先のロンドンで結婚。38年米国に移住、53年ドイツに帰国。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
H・ローニツ
Henri Lonitz
C・ゲッデ
Christoph Gödde
伊藤白
いとう・ましろ

1976年山口生まれ。専門はドイツ文学。国立国会図書館を経て現在、学習院大学文学部准教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鈴木直
すずき・ただし

1949年東京生まれ。ドイツ思想史専攻。現在、東京経済大学経済学部教授(社会思想史)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
三島憲一
みしま・けんいち

1942年東京生まれ。大阪大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「ヴァルター・ベンヤミン/グレーテル・アドルノ往復書簡 1930-1940」の画像:

ヴァルター・ベンヤミン/グレーテル・アドルノ往復書簡 1930-1940

「ヴァルター・ベンヤミン/グレーテル・アドルノ往復書簡 1930-1940」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/416頁
定価 8,424円(本体7,800円)
ISBN 978-4-622-07989-7 C1010
2017年11月15日発行

この本を購入する